HOME > ドクターの悩み相談室 > 【労務相談-3】「労基法による専門業務型裁量労働制は、医師にも適用できる?」

ドクターの悩み相談室 【労務相談-3】

【労務相談-3】「労基法による専門業務型裁量労働制は、医師にも適用できる?」

以前、「専門業務型労働制」というのを聞いたことがあるのですが、医師にも適用できるのでしょうか?

■ご担当コンシェルジュ■

Office Breath

池田 光代(プロフィール)

回答・アドバイス

医師のうち、専門業務型労働制を適用できるのは大学病院の教授や助教授、講師のみ(助手は除外)となります。この専門業務型労働制については労働基準法に19業務が定められており、診療行為について以下のような規定があります。

「専ら診療行為を行う教授等がその一環として従事する診療の業務であって、チーム制(複数の医師が共同で診療の業務を担当するため、当該診療の業務について代替要員の確保が容易である体制)により行われるもの」

これにより、①医師が大学病院の教授、助教授、講師のいずれかでなくてはならず、次に、②その診療行為が上記に適合していることが条件となります。ここでいう診療行為(診療の業務)とは、あくまで教授研究の業務として解釈されているのです。

このことから通常の医師に、専門業務型裁量労働制を適用するのは不可能ということになります。

 

HOME お問い合せ(ドクター様)求人掲載依頼運営会社案内 プライバシーポリシー ブログ サイトマップ
医療機関ちゃんねる22はろおわあくスカウトドクターSOSドクターの悩み相談室医療機関労務相談ドクター同士の結婚相談
素因遺伝子検査のご案内薬物代謝遺伝子検査のご案内医療機関安否確認システムホームページ作成・ウエブ広告