HOME > ドクターの悩み相談室 > 【個人開業医の節税その1】

ドクターの悩み相談室 【個人開業医の節税その1】

【個人開業医の節税その1】

私は個人開業医ですが、特に節税対策は行っていません。何か効果的な節税対策はありますでしょうか?

■ご担当コンシェルジュ■

榎崎洋税理士事務所

Hiroshi Enosaki(プロフィール)

回答・アドバイス

配偶者がおられる場合、事務などの業務の状況にあわせて給料を支給することができます。先生の所得が大きい場合は税率が高いため、税率の低い奥様に所得を分散し節税を図ります。ただし、青色申告の承認を受けている必要があります。また、白色の場合は84万円までは支給実績がなくても控除することができます。

HOME お問い合せ(ドクター様)求人掲載依頼運営会社案内 プライバシーポリシー ブログ サイトマップ
医療機関ちゃんねる22はろおわあくスカウトドクターSOSドクターの悩み相談室医療機関労務相談ドクター同士の結婚相談
素因遺伝子検査のご案内薬物代謝遺伝子検査のご案内医療機関安否確認システムホームページ作成・ウエブ広告